大阪淀川区の室内ゴルフスクール&レッスン【ゴルフルランド十三店】


GOLFULLLAND

営業時間 平日 12:00~22:00(土日祝 10:00~20:00)
定休日 火曜日
〒532-0024
大阪市淀川区十三本町1-19-21 ラポール十三(業務スーパー3F)

tel 06-6886-5118

ご予約・お問い合わせ

newsnews新着情報

シャンクが出る原因とその改善策

今回は、ゴルフの失敗ショットの代表例ともいえる『シャンク』について、シャンクが出てしまう原因やその改善策についてご紹介します。ゴルフの失敗ショットは、スライスやフックなどと言う言葉をよく耳にすると思いますが、打った瞬間にそれとわかる失敗例がシャンクです。そしてこのシャンクは『シャンク病』という言葉が作られるほど有名な失敗ショットで、実はそれなりの経験者でも一度発生すると頻発してしまう可能性がある…という非常に困りものの症状となります。
このシャンクは、アイアンでボールを打つときに発生するものなのですが、その原因や改善方法はゴルフを始めたばかりの人は頭に入れておいた方が良いでしょう。

■そもそもシャンクとは

ゴルフ初心者の方であれば「シャンク」と聞いても、どのような失敗ショットなのかイマイチイメージできない…という人も多いかもしれません。このシャンクという失敗ショットは、「アイアンのフェースにボールが当たらず、クラブの軸の部分(ホーゼルやネックと呼びます)に当たること」を指しています。そして、シャンクになった場合には、ボールの左側をヒットしているということになりますので、右打ちの場合は打った瞬間に大きく右方向にボールが飛び出してしまう…というショットとなります。基本的にシャンクしてしまった時には、確実に1打損してしまうことになるでしょう。
ちなみにこのシャンクは、ゴルフクラブの構造上、ウッドでは起こり得ることが無く、グリーン周りなど、確実性が求められるアイアンで発生することになるので、プレイヤーにとってショックが大きいミスになります。

■シャンクしてしまう原因は何?

それでは、ゴルフの失敗ショットであるシャンクしてしまう理由はどのような原因があるのでしょうか?実は、シャンクしてしまう原因はいくつかありますので、以下に代表的な原因をあげておきましょう。

  • ●ダウンスイングでグリップが身体から離れてしまい、フェースが開いてしまう。
  • ●構えたときの重心のバランスが悪い。(かかとに体重が乗っているとシャンクすることが多い。)
  • ●スイングをするとき右膝が前に出ている。
  • ●疲れによって姿勢の維持ができていない。

一般的に、上記のようなことが原因でシャンクが起こります。もう少し具体的にご紹介すると、スイングするときの姿勢がかかと側に重心が行ってしまい、前傾姿勢を保てない状態になると、実際のスイング時には体が前のめりになってしまい、アドレス時よりもクラブが前に出ることでシャンクしてしまうのです。また、スイングの仕方でアウトサイドインもしくはインサイドアウト軌道が極端になりすぎる人や、フェースが開きすぎてしまう場合もシャンクしてしまうことになります。
シャンクの怖いところは、一度シャンクしてしまうと頻発してしまう人が多い点です。これは、シャンクの再発を恐れるあまり、意識的にクラブの先(トゥ)にボールを当てようと構え、スイングのトップの状態がフラット(水平)に近くなり、そこからきちんとボールに当てようと体が突っ込んでしまうため、考えているよりもクラブが前に出てしまうことが原因と考えられます。

■シャンクの改善方法はあるの?

それではここからは、シャンクしてしまう…という方の改善方法について簡単にご紹介します。上述しているように、シャンクしてしまったからと、再発するのを恐れるのはあまりよくありません。シャンクを改善するには、思い切りの良さも非常に重要になります。まずは、簡単な応急処置からご紹介しておきましょう。

  • ●クラブの先(トゥ)で打つ。
  • ●クラブを替える。
  • ●胸を右に向け、右足を後ろに下げてスイングをする。

簡単な対策としては上記のような方法があります。コースなどに出ているのでなければ、意識的にクラブの先(トゥ)で打つようにすれば、意外と簡単に改善されることも多いです。
また、普段の練習からシャンクしない打ち方を癖づけるためには、以下のような方法をとると良いでしょう。

  • ●ボールを縦に2つ並べて、手前のボールだけ打つ。
    ⇒これは、元々クラブの根元寄りで打つ癖を持っている方の改善方法に向いています。
  • ●左脇にタオルを挟んで打つ。
    左わきにタオルを挟んで、それが落ちないように打つことで、インパクトの瞬間に手が前に出すぎるのを防ぐことが出来ます。
  • ●右足のつま先を少し開いて打つ。
    これは、右膝が出てしまう方の練習方法です。打つときに、右足のつま先を少し開くことをクセづけると、アウトサイドインになるのを防ぐことが出来ます

まとめ

今回は、ゴルフの失敗ショットの代表例であるシャンクについてご紹介しました。本稿でもご紹介したように、この失敗ショットは「シャンク病」などいう言葉が作られるぐらいで、経験者の方でも一度シャンクしてしまうと、頻発してしまう可能性がある非常に困った症状です。ゴルフ初心者の方であれば、正しいスイングの仕方をしっかりと身につけて置かなければ、いざという時にシャンクしてしまい、思うようなスコアを全く出せない…なんてことにもありかねないのです。
そこで、本稿でご紹介したようなシャンクする原因や、万一シャンクしてしまった時の対応策は頭に入れておいた方が良いでしょう。文章だけではイマイチ分からない…という人も多いと思いますので、正しいスイングでゴルフを始めたいと考えている人は、ぜひゴルフるランドにご相談ください!

ページトップ

アクセス 電話する ご予約お問い合せ